Oh! Obligation.com

このホームぺージが多重債務に悩んでいる方々の『人生の再スタート』へのステップとなりましたら幸いです。

債務整理とは

ここ数年、サラ金から借金している人はおよそ1500万人以上もいるといわれています。

債務整理の現状

サラ金とはサラリーマン金融を短くしたもので、消費者金融ともいいます。サラ金は、サラリーマンのほかに専業主婦などの無職者、アルバイト、パートなどにお金を貸しています。しかし、サラ金の金利は非常に高いため、いずれ返せなくなってしまいます。借金の返済をするために新たな借金をせざるを得なくなり、借金が雪だるま式に増えているのが現状です。

現在,サラ金の借金を返せなくて困っている人がおよそ150万人から200万人はいるといわれており、この数は今後もっと増えると見られています。 この人たちのうち自己破産の申立てをした人は平成18年ではおよそ16万6千人です。 このほか厳しい取立てに耐えかねて夜逃げした人が10数万人はいるといわれています。平成17年に経済的理由で自殺した人はおよそ7760人もいます。1日21人近くが自殺しているのです。しかも、経済的理由で自殺した人はここ数年増える傾向にあります。夜逃げをしても借金はなくなりませんし、自殺すれば残された家族が悲しみます。 そもそも借金のために夜逃げや自殺する必要はありません。借金を整理すればいいのです。借金の整理方法には任意整理、自己破産、特定調停などがあります。これらの方法を用いることにより借金は必ず整理できます。勇気を出して借金を整理するために一歩を踏み出しましょう。

債務とは

債務とは、借金を返さなければならない義務の事です。義務を負う人(借金を返さなくてはならない人)を債務者、行為を受ける人(借金を返してもらう人)を債権者と言います。例えば銀行でお金を借りるとき、お金を借りる人を債務者、お金を貸す銀行を債権者と言います。

債務整理とは

債務整理とは、法的手段を使い合法的に解決する方法を言います。
長年返済し続けているのに借金がいつまでたっても減らない、クレジットカードを利用しすぎて利用料金を支払えない、そんな時に役立つのが債務整理です。借金の額や月々の返済額、返済期間など新たに取り決めて債権者と和解します。

■ 債務整理の4つの方法
・自己破産
・特定調停
・任意整理
・民事再生

上記4つはそれぞれ債務整理の方法が違います。みなさんがよく聞かれる「自己破産」も債務整理の中の一つなのです。債務整理は各債務者の債務状況や環境に合う方法を選択することが大事です。例えば、ある程度時間の余裕があって、費用を安く抑えたい債務者なら、自分で申請ができる特定調停がいいでしょう。時間を取られることはあっても、自分で申請手続きをするので費用は安くおさまります。逆に「時間の余裕がない」「自分で申請をするのは面倒だ」、と言う方なら、債務整理を専門としている弁護士や司法書士に依頼する任意整理がいいでしょう。ただ、任意整理の場合、手続きは早く済みますが申請を依頼するので特定調停よりも費用がかかってしまうのが難点です。

一般的に債務整理相談をするのは弁護士や司法書士と言われていますが、弁護士や司法書士に依頼をすると費用がかかってしまうのが現状です。債務があるから出費はできるだけ控えたい、でも債務整理をしたい、という方は各地方自治体などで無料相談所があるので、そちらを利用してみてもいいですね。現在、債務がたくさんあって困っている、どのように債務処理をしていいかわからない、とお悩みの方は弁護士、司法書士、無料相談所など債務整理を専門としているところで、まずは相談してみましょう。

pickup

最終更新日:2017/10/16

| 債務整理とは | 自己破産とは自己破産手続専門家に相談 | 自己破産Q&A他の債務整理借金の法律
当サイトはリンクフリーです。 リンクの際は右のバナーをお使い下さい→ Oh! Obligation.com

Copyright(c)2008 Oh! Obligation.com. All rights reserved.